検索
  • volantehiraku

【災害復旧から学ぶ】#volante #教育 #子育て

降り続く雨。

連日の雨で地盤も緩み、

長崎県雲仙市、佐賀県武雄市など多くの場所で水害が起こっています。


2日前に豪雨による被害の大きかった武雄市へ

復旧支援のための物資をということで

タオル・雑巾などを募集させてもらいました。


本当に予想以上の反響に驚いています。


SNSでの誹謗中傷などが話題にあがりますが…

使い方によっては、こうも広がるものなのかと。


お礼については、また後日書かせていただきます。


このブログで目にした方もいらっしゃるかと思いますが、

私は昨年度、熊本県人吉市の豪雨災害の復旧作業のお手伝いに

何度か行かせていただきました。





教え子たちも何人か誘って行きました。


自分たちにできることは何なのか

できることを精一杯やります。



床上浸水どころではない泥だらけの邸宅の片付けをする中で、



復旧作業の大変さとともに

笑顔で前向きに物事を考えること、相手を信じること、力を合わせることの大切さを

教え子とともに肌で感じ、改めて学ばせてもらいました。



その一緒に災害復旧に行った教え子たちは、

今回のタオル募集でも、直接渡しに来て、こう言いました。

「作業に行く時は声をかけてください」

「私にできることは、とことんやります」と。




実際に目の前で起こったことを見た人間は強いです。

体験した人間は優しいです。



人間の中心には心があります。

しかし、心には良い面と悪い面が必ずあります。

そう、誰にでもです。僕にも当然あります。


生きていく中で、その悪い面を抑え、

良い面を出していけるようにすること。


それが

人間の生き方にとって

教育にとって 大切なことではないでしょうか?


じゃあ、いつからそれをすればよいの?

いつまでにすればいいのでしょう?


そこに脳の発達や機能から見える教育があるんだと思います。


みなさんはどんな人間として生きたいですか?

子どもたちをどんな大人にしたいですか?


一緒に考えていきたいです。


ヒラク

41回の閲覧0件のコメント