検索
  • volantehiraku

【師は弟子から学ぶ】

人吉災害支援に行ってきた。

復興までまだまだ時間を要しそうだ。 あの豪雨から3カ月、床下にたまった泥はつい昨日たまったかのようなドロドロの状態。 少しも乾いていない。

今回の災害支援は、教え子3人と共に。 異なる年齢、出身校、最初はうまく関係を築けるかどうか心配したが、杞憂に終わった。


共に、床板を外したり、泥を土嚢袋に入れたりする作業を通すことで、 次第に息があっていく。 みんな泥だらけ、汗だく。 真剣な中にも笑いもある。あの時と同じだ。


ホースから出る水で作業道具を洗いながら、泥のついた服まで一緒に洗う。


作業後。 晩ごはんをいただくことになった。

晩ごはんを食べている最中に、ユーモアある会話から笑い声が始まった。

人吉の方から「この若さが人吉に必要だ」とも言われた。 嬉しかった。 感化し合い、笑顔がつながっていく。 僕はとても幸せだった。


分断されつつある世の中で つながりの良さや重要性を体感できたのは、 彼らのおかげ。


教え子3人。 出身校は違えど、 同じ時間を共有してきたことで育った感性が 共に汗を流すことで共鳴し合う瞬間。 もちろん、それぞれのパーソナリティの影響もあるが、 お世辞抜きにステキだった。


このつながりや活動がもっと拡がれば、 もっと深まればいいなと心の底から思った。

そのために、僕は自分にできることを見つめ、 アップデートするための努力を欠かさないようにしないといけない。


最後になったが、 今回の活動のきっかけをつくっていただいたムラートさん、 一緒に作業したムラートさんの息子のトーガくん、 教え子のゆうか、まひろ、りおんには心から感謝している。

50回の閲覧0件のコメント